· 

塚本選手のマッハ蹴り(縦蹴り)への気付き

塚本選手のマッハ蹴りはかなり至近距離、ミドルキックよりも近い間合いから放たれます。

通常、マッハ蹴りに限らず、ハイキック等の上段蹴りを、ミットやサンドバックで練習する際、長距離~中間距離(パンチが届かない距離)から行われる事が多いのですが、上級レベルの試合では、

長距離~中間距離から上段蹴りを出そうとすると、簡単に読まれてしまします。

また、実力が伯仲した相手との試合では、相手も簡単には後退しません。
上段蹴りの距離を作ろうとして、後退した場合、そのままパンチのラッシュや、逆に自らがキックを貰う羽目になります。

よって、上段蹴りを発動する事すら出来ず、パンチとローキック合戦に陥る事が多々あります。

原則として、

「上段蹴りは至近距離から発動する技」

として、練習に取り組まなければ、センスに恵まれた選手で無い限り、上級レベルの試合で上段蹴りを使いこなす事は出来ないでしょう。