· 

成嶋竜のハイキックの分析

画像を見ての通り、軸足が浮き、後方に傾きながら蹴るフォームとなっています。
通常、このようなフォームで蹴ると、指導者から注意を受けるか、自身が「これではダメだ。」と「バランスの取れたフォーム」を心掛けてしまいます。
しかし、相対軸理論に於ける、

「浮上」+「シーソー」

を意識して練習すると、一流選手の持つ、先天的に優れた性質の蹴りに、近づくことができます。

身体操作の理論を知らずに、ハイキックを1万回蹴っても、余程の才能が無い限りは、成嶋氏のようなハイキックにはなりません。